女性特有の便秘
生理前とカチカチ便

どうして生理前に便秘になるの?

生理前に便秘になる理由… それは、女性ホルモンが関係しています。

女性の月経は主に、「卵胞ホルモン(エストロゲン)と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」という2つの女性ホルモンによってコントロールされています。このうち、排卵後から生理前にかけて分泌が増える「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の影響で、大腸の腸壁から水分の吸収が促され、腸のぜん動運動が抑制されるため、生理前に便秘になりやすい状態になります。

カチカチ便ってなあに?

カチカチ便とは…大腸内に長時間とどまることで、水分量が少なくなってしまった便のこと。

理想的な便の水分量は80%ですが、大腸内に長時間とどまり、水分量が60%ほどになると「カチカチ便」になります。便の色は茶色から黒ずんだ褐色で、とても臭いのが特徴。いきんでもちょっとしか出ないので、残便感があります。

便がカチカチになると、
出にくく便秘になりやすい。

大腸の運動が鈍いと、大腸内に消化・吸収されなかった食べ物のカスなどの腸管内容物が長くとどまり、大腸の腸壁に接触する時間の増加によって便中の水分が過剰に吸収されてしまいます。その結果、便がカチカチに硬くなり、さらに便秘がひどくなってしまうこともあります。

ハーブインタケダ