下にスクロール
どうして
自然な排便が良い?
朝、自然な便意とともに、穏やかなお通じ。
それが、タケダの目指す
健やかな排便スタイル。
このサイトでは自然なお通じに向けて
自分でできる、便秘改善法を
ご紹介していきます。
それは、
前傾で腹筋に自然な力が入ると自然なお通じに良いから。
和式・洋式かかわらず、排便時に上半身を前かがみにすると、自然と腹筋に力を入れやすくなります。また、肛門の筋肉も緩みやすくなります。このことから前傾姿勢は、排便に適した姿勢とされています。
それは、
リラックス効果のある音楽が
自然な腸のぜん動運動を回復させるから。
ストレスは自律神経のバランスを乱し、交感神経を優位にするため、腸のぜん動運動を抑制する方向に導きます。
約4000Hz という周波数は、人にリラックスをさせる効果があると言われます。
特に、リラックスに関係する副交感神経を刺激して、消化液の分泌を促し、腸のぜん動運動を正常に回復させることで、
自然な排便に良い影響をもたらすのです。

監修:埼玉医科大学前教授・埼玉医科大学短期大学名誉教授
和合 治久
それは、
朝に腸を刺激することが自然なお通じに良いから。
スムーズな排便を促すには、特に朝食が重要です。寝起き後の空っぽの胃を満たす朝食は腸を刺激し、排便の習慣を身につけやすくします。時間に余裕をもって起床し、きちんと朝食を摂ることで大腸を動かし、便意を促してあげましょう。
それは、
ほどよい圧力をかけることが自然なお通じに良いから。
食べたものが腸へ到達する食後3~5時間後に仰向けになり、おへそを中心に時計回りに「の」の字をかくように2~3周、力を抜いてゆっくりとお腹をマッサージします。腸の流れに沿って、ほどよい圧力をかけることで排便が促され、便の移動がスムーズになります。
それは、
便を柔らかく保つことが自然なお通じに良いから。
水分が不足していると便が硬くなって便秘が起こります。水分補給を怠ると、便は一層硬くなり、腸の中で滞って排便しづらくなります。便を柔らかく保ち、排便をスムーズにするためには、こまめに水分補給をしましょう。
それは、
筋肉を動かすことが自然なお通じに良いから。
適度な運動で筋肉を動かすことは腸への刺激となり、便秘改善に効果的です。電車の乗り換えや移動の際は階段を利用する、家事や仕事の合間にストレッチをする、時間のある日はジョギングをするなど、適度な運動は毎日の生活のなかでもぜひ取り入れましょう。
もう何日出てないっけ?
いろいろ試してみてるけど
難しいなぁ・・・
ちゃんと朝食
食べてるんだけどなぁ・・・
でも薬って
ちょっと抵抗あるし・・・
なかなか改善しない
便秘にお悩みの方へ
それは、
タケダ漢方便秘薬が、自然に近い出し方にこだわった漢方処方だから。
「便秘薬で出せばいい」
というワケではない。

夜のめば、翌朝、
自然な便意とともに、
便をスムーズに運び出します。
便秘解消の第一歩は、便意を感じること。生活習慣を改めるとともに、タケダ漢方便秘薬を上手に使い、便意を取り戻しましょう。

タケダ漢方便秘薬は漢方処方「大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)」にもとづいた便秘薬です。生薬の「大黄」と「甘草」を配合した「大黄甘草湯」が大腸をしっかり動かし、便をスムーズに運び出します。おやすみ前におのみになると、通常8~10時間後に、自然に近いお通じが得られます。便秘薬を試したことの無い方でも、錠剤には、割線(かっせん)が入っていますので、便秘の状態や便通の具合に合わせて、服用量を調節でき、お勧めです。
漢方では、単に便通を改善すれば良いということではなく、「自然に近い便意があること」を重視します。よって、漢方において、「便通を整える」ということは、単に消化器官の一症状を改善するという意味に留まらず、全身の状態を改善することにつながり、とても重要なことだと考えられています。そのため、便秘に用いられる漢方薬は多数存在しているのです。
便秘、便秘に伴う腹部膨満・ふきでもの(にきび)等の緩和
閉じる